早起きの習慣がつく3つのコツ【朝活のススメ】

早起きの習慣

どーも!朝活男子makoです!

1日の時間が足りない!あと30分でもあれば自分のやりたいことができるのに!

そう思うことってありますよね。

そんなあなたにはぜひ朝活をおすすめします。

「朝活」と聞くと朝に強い人がやっているというイメージがあるしれませんが、

実際そんなことはありません

僕も元々は夜型で、やりたいことは1日の最後に詰め込んでいました。

でも、そうすると日によって出来る時間が安定しないんですよね。

それなら1度「朝活」をやってみようと始めた結果、自分に合った活動になりました。

今では朝5:00頃に起きることが日課になり、本記事も大部分を朝活の時間に書いています。

人それぞれ生活リズムがあるので、全員ができるとはかぎりません。

これから紹介する

「早起きの習慣がつく3つのコツ」で、

あなたの朝活への第一歩の参考になればうれしいです。

(くれぐれも無理はしないでください……)

目次

早起きの習慣がつくコツ1 いつもより30分だけ早く起きる

まずは、いつも起きている時間より30分、アラームを早くセットしましょう。

「朝活」をするからといって、最初から1時間も2時間も早く起きる必要はまったくないです。

無理に最初から頑張っても続かなければ意味がありません。

とにかく30分早く起きることだけにチャレンジしてください。

わずか30分でも朝の時間に余裕ができることを実感するはずです。

そしてあなたが作りだした時間は、あなた自身のためにつかいましょう。

30分早起きが続けられるようになるだけで、早起きが楽になります。

早起きの習慣がつくコツ2 90分の睡眠サイクルを意識する

人の睡眠はレム睡眠(浅い眠り)ノンレム睡眠(深い眠り)を交互に繰り返しています。

睡眠サイクルは人により差はありますが、およそ90分です。

この90分を意識し、起きたい時間から逆算し眠りにつくことで、

スッキリと目覚めることができます。

例:5:00起床の場合

6時間は睡眠を確保したい

90分 x 4回 = 360分(6時間)なので、そこから逆算し、

23:00ごろ眠りにつくように調整することで、だいたい5:00ごろに目覚めることができます。

(個人差があるので、自分にあった睡眠時間を見つけましょう)

もちろん簡単に眠る時間を調整することは難しいですが、

90分の意識をもっていることで、寝る時間と起きる時間のバランス調整がしやすくなります。

とくに大事なのが最初の90分です。

最初の90分でいかに深く眠るかで1日の睡眠の質は変わると言われています。

質の良い睡眠をとるためにも規則正しい生活を心がけましょう。

早起きの習慣がつくコツ3 朝活でやることを明確にしておく

朝活を続けるのに大切なことは、「目的を明確にしておく」ということです。

目的を明確にしておくことで、眠くても起きようというモチベーションに繋がります。

朝活でやりたいこと、それによって自分の目指すべきゴールを設定しましょう。

ゴールを設定すると、日々なにをやっていくべきかが見えてくるので、

明日はこれをやる、次はこれ……その繰り返しが朝活の継続に繋がります。

早起きの習慣がつくコツ まとめ

以上が夜型の僕が朝型に変われた早起きの習慣をつける3つのコツです。

もう一度おさらいです。

早起きの習慣がつく3つのコツ
  • いつもより30分だけ早く起きる
  • 90分の睡眠サイクルを意識する
  • 早起きしてやりたいことを明確にしておく

すこしでも朝活に興味がある方は、ぜひこの3つのコツを試してください。

考えるよりまずは行動してみましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

朝活には読書がおすすめ!こちらの記事もぜひ読んでもらえるとうれしいです!

ランキング参加中!!

ランキング参加中!!

早起きの習慣

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次